FACEBOOKブログ購読

つじむら歯科医院 公式ブログつじむら歯科医院 公式ブログ

根の治療後のコア(土台)に関して

2017年2月28日 10:28

こんにちは

副院長の穴澤です!!

今回は根管治療、そしてその後「歯がどうなっていくか?」についてお話させていただきます。

皆さんはよく歯科医院で治療した人が「今日、虫歯大きくて神経とったよ~」なんて言っているのを聞いたことがあると思います。

これを根管治療と呼び、この治療は「歯髄」といわれる歯の核となっている部分を治療するものです。「歯髄」とは歯の足の部分である歯根の中核の根管を通っており、この中には神経は勿論のこと他にも血管などが含まれ、歯に栄養を送る役割を担う重要な器官です。

これが無くなってしまうということはへの栄養供給がストップするということになります。健康に歯髄が残っている歯を「有髄歯」、根管治療を受け歯髄が無くなった歯を「無髄歯」といいます。

 

「無髄歯」は栄養供給源が絶たれるため歯自体の性質は脆くなってしまいます。そのため脆くなった歯質を補うため根の治療後の「根管」にポストをたて、俗に言われ「さし歯」の状態にします。このポスト部分をコア(土台)にしてその上から被せものをして治療が終了になります。

《根の治療の流れ》

20170228113958-cbf509504282518f197360706cb97d0e65907dc8.png

ただ,,ここで1つリスクがあります。最近コア(土台)の過度な負担によって「歯根破折」と言われる症状が増えてきています。(特につじむら歯科医院では予防に力を入れているため抜歯のほとんどの原因がこの破折になります。)

これは文字通り歯根が割れてしまうというもので土台によって引き起こされたほとんどの歯根破折は抜歯を余儀なくされてしまいます。

 

従来の治療法ではポストにメタルを使用しているため強い噛み合わせ加重があった場合にそのポストに応力が集中し歯根破折を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

これを防止するため現在の最新歯科医療ではこのポストの材料にグラスファイバーを用いることにより破折の確率を限りなく低くすることが可能になっています。グラスファイバーは強度・アレルギーの面で優れ、前歯部においては歯ぐきの変色を防ぐメリットもあります。しかし最大のメリットは弾性力に富んでいる為歯にかかる力を緩和できることにあり、とても歯に優しいものです。

 

さらにメタルと違い歯面処理を行うことによって直接歯に接着することもでき不要な境界線を作りません。レントゲンを撮影すれば土台に何の材料が使用されているのか?

どれぐらいの太さ・長さでポストが形成されているかなどすぐにわかりますので検査してみるのも良いかもしれません。

他にもまだまだ最新歯科治療に関しては尽きることはありませんが今回はこの辺にしましてまた次回のブログにてお会いしましょう!!

 

皆様がより健康になりますように!

〜口腔の健康がら全身の健康を〜

副院長 穴澤順之進