FACEBOOKブログ購読

つじむら歯科医院 公式ブログつじむら歯科医院 公式ブログ

虫歯予防Q&A 16、17 最終回

2016年2月22日 11:52

こんにちは!!

副院長の穴澤です!

ついに虫歯予防Q&Aも最終回となりました。

ぜひ最後まで楽しんでお読みください( ^ ^ )/

16:歯磨き以外で虫歯予防の方法は?

 

A16:日本の歯科医院は「虫歯の治療」が主体で、虫歯菌や歯周病菌を減らす予防はあまり行なわれていません。しかし、北欧では口内細菌コントロールによる虫歯予防を積極的に行なっています。

 口の中には良い菌も悪い菌もいて、良い菌より悪い菌(虫歯菌や歯周病菌)が多くなると、虫歯や歯周病になるわけです。

 現在の日本の治療は、抗生物質の投与などで良い菌も悪い菌も除去してしまいます。しかし、人間の体は総菌数を元に戻す働きがあるので、時間が経てば口内細菌は除去前と同じバランスに戻ってしまいます。

 ですから、良い菌を増やすことで悪い菌を減らし、総菌数を変えないようにコントロールすることが大事です。

 例えば、5g〜10gのキシリトールを3か月間、毎日、摂取すると、虫歯菌数を減らすことができ、根本的に虫歯予防になります。含有量100%のキシリトールガムなどを使用することをおすすめします。

Q17:良い歯医者、悪い歯医者の見分け方は?

A17:いろいろな見分け方があると思いますが、ひとつの目安として、その歯科医院が「唾液検査をしているかどうか」というものがあります。唾液検査を行っている医院の医師は、口腔内細菌に関する知識があると思っていいでしょう。

 それから、歯科衛生士さんが常勤していて、ひとりの衛生士さんが最後まできちんと担当してくれる医院がいいと思います。患者さんのデータをしっかりと把握しているからです。

 

最後までお読み頂きまして誠に有難うございました。

次回の企画もお楽しみに!!

穴澤順之進