歯の大辞典

乳歯は抜けてしまうので、治療しなくていいですか?

乳歯の正しい歯並びは、永久歯が正しく生える場所の確保をしています。

どうせ生え変わるからとう蝕(むし歯)を放置して早い時期に抜けてしまうと、永久歯が正しい位置に顔を出すことができず、歯並びが悪くなってしまいます。

またう蝕(むし歯)を放置すると、歯の根に膿(うみ)の袋などができ、永久歯の歯胚(歯の元になる組織)の成長を妨げる場合もあります。

永久歯がそこを避けてでてくるため正常な位置からずれてしまう場合があります。乳歯のう蝕(むし歯)は放置せずに治療しましょう。

 

乳歯う蝕(むし歯)の為害性

①痛みを引き起こす

痛みは不快感だけでなく、集中力の欠如を引き起こす。さらに、咬合痛は、小児に好き嫌いを引き起こすことがあります。

 

②永久歯う蝕の原因となります

う窩(むし歯によって空いた穴)の存在はう蝕原性細菌の供給源となり、そのまま放置すれば、他の乳歯だけでなく、萌出してくる永久歯にう蝕(むし歯)を発生させます。

 

③咀嚼機能の低下

う蝕(むし歯)によって歯の欠損が起こると咀嚼機能が低下します。またう蝕による痛みは摂食意欲を減退させ栄養状態に悪影響を及ぼします

 

④歯列不正や咬合異常の原因

う蝕(むし歯)による歯冠崩壊は咬合高径の低下、正中の偏位(顎のずれ)などの咬合異常をもたらします。また、乳臼歯の早期喪失は第一大臼歯の近心移動(前に歯が倒れること)を誘発し、歯列不正の原因となります

 

⑤永久歯への障害

乳歯う蝕(むし歯)が進行して根尖に病巣を作ると、根尖近くにある永久歯胚の形成障害(ターナー歯)を引き起こすことがあります。

 

⑥発音障害や悪習慣の誘発

う蝕(むし歯)により切歯の崩壊や欠損がもたらされると発音障害を招くことがあります。また、抜歯による欠損は口唇や舌の悪習慣の原因となることがあります。

 

⑦全身疾患の原因となります

先天性心疾患がある小児では、感染性心内膜炎のリスク要因となります。

 

⑧心理的影響

前歯の欠損などが引き起こす審美障害は、小児の心理に影響を与えます。

 

参考引用

最新歯科衛生士教本

小児歯科 第一版 P48 Ⅰ編

小児歯科診療の基礎知識

7章 小児の歯科疾患

藤原 卓 医歯薬出版株式会社

∧ PAGE TOP