歯の大辞典

歯肉炎と学校で言われたんですが…

歯肉炎とは歯肉に炎症が起こっている状態のことです。

子どもの場合はほとんどがプラークの付着によって起こる不潔性歯肉炎と呼ばれています。

これは歯ブラシをしっかりして口の中の清掃状態を良くすれば元の健康な歯肉に戻ります。

それ以外に永久歯が生えてくるとき、その周りの歯肉などが一時的に腫れることを萌出性(ほうしゅつせい)歯肉炎と言います。

 

炎症が歯肉だけに限局されているものは歯肉炎ですが、その炎症が歯槽骨(歯を支える骨)にまで及ぶと歯周炎です。

歯周炎は大人だけの病気ではありません。

中高生の女子に多い若年性歯周炎という疾患もあります。

主な症状は歯槽骨の吸収(骨が減ってくること)で上顎前歯と第一大臼歯の動揺(グラグラする)します。

大人よりも骨の吸収が早いため、早期発見、早期治療が重要です。

 

参考引用

大嶋隆 最新歯科衛生士教本小児歯科、全国歯科衛生士教育協議会監修

∧ PAGE TOP