歯の大辞典

妊娠する前にすべき口腔ケア

妊娠する前にすべき口腔ケアは何ですか?

  1. 歯周病治療
  2. う蝕(むし歯)治療
  3. 親知らずの抜歯

(順不同)

 

う蝕(むし歯)菌感染の原因になるのは家族、とくにお母さんです。

お子さんのう蝕(むし歯)リスクを考えるとき、お母さんのお口の状態がとても重要になります。

そこで子育て中のお母さんはお口からう蝕(むし歯)菌を減らさなければなりませんが、すでにう蝕(むし歯)や歯周病がある場合、これは急にできることではありません。

ですから、お母さんになる前から自分の歯の状態を知り、う蝕(むし歯)や歯周病があればきちんと治療して定期的にクリーニングを受けておくことがとても大切です。

これはお母さん以外の家族にも当てはまります。お母さんが定期的にメインテナンスをうけていると、お子さんのう蝕(むし歯)になるリスクがそうでもない場合の半分になるといわれています。

成長する赤ちゃんのお口の健康は家族の健康意識の試金石になるのです。

これから生まれてくる大切な赤ちゃんのためにも、当院で実施している歯周初期治療(トータルヘルスプログラム)でお口の中の環境を整え定期的なメンテナンスできれいな口腔内を維持していくことをおすすめします。

唾液が減ったり、歯周病菌が活性化したり、妊娠中のお口の中は、ホルモンバランスの変化によって特定の歯周病菌が活性化しやすい時期でもあります。

あわせて、つわりで歯磨きができないことも多くあり、口腔内トラブルが起きやすいです。ここでは、妊娠中に起こりがちな口内トラブルとその原因についてご紹介します。

 

  • ホルモンのバランスで唾液が粘り食べかすが残りやすいから。
  • 唾液が酸性に傾き、口の中の細菌が増えやすいから。
  • 食事の回数が増えて、お口の中が汚れやすいから。
  • 妊娠初期2~3ヶ月位の間には悪阻(つわり)によって胃酸が逆流し、口の中の酸性度がさらに高まる。結果として歯が溶けやすい環境を作ります。
  • 妊娠中期から後期にかけて胎児が大きくなると胃が圧迫されて1回に食べられる量が少なくなります。その結果食事や間食の回数が多くなり、結果として口の中が不衛生になりがちになます。
  • つわりがひどくて歯ブラシを口に入れるのもいやになってつい歯磨きをさぼってしまう
  • 酸っぱいものを食べたくなるのでお口の中が酸性に傾くのも一因と思われます。

 

歯科治療は妊娠中でも受けることが出来ます。もちろん妊活中も。

むしろ、歯周病は早産のリスクを高めるので、早めに治療するべきです。

また、妊娠中や出産後はう蝕(むし歯)や歯周病のリスクが高まるので、定期的なメインテナンスが重要と言えます。

でもその反面、妊娠中、つわりで歯磨き粉の味を受け付けず、歯磨きがおろそかになってしまう妊婦さんもいるようですし、出産後は子育てで忙しくて治療に通えない……という方が多いようです。

また、妊娠初期はつわりがひどく、チェアーの傾きで気分が悪くなったり、長時間口を開けていられなかったりするので、病院に迷惑をかけてしまうから……と治療を敬遠する方もおられると思います。

親知らずの抜歯については妊娠や出産時には女性ホルモンによって歯周病やう蝕(むし歯)にかかりやすくなり、親知らずに痛みが出ることが多いです。

しかし、抗生物質等の服用が必要なため、妊娠安定期に入るまで抜歯をすることが難しく痛み止めなどで我慢しなくてはなりません。

必ずしもすべて抜歯する必要はなく、どんなケースで抜歯をする必要があるのかをおさえておきましょう。

心配事があれば歯科医院でカウンセリングを受け、本当に抜歯が必要なのか、う蝕(むし歯)などの症状があれば、治療で状態が良くなるのか等、検討していくことが大切です。

 

0歳からの口腔育成から引用 日本口腔育成学会 中央公論新社

∧ PAGE TOP