矯正歯科治療

矯正歯科

歯並びが悪い状態では、歯と顎のバランスが崩れているため、発音や咀嚼などに支障をきたします。

歯並びが悪くても、見た目が気にならなければ問題ないと思っている方は少なくありません。噛み合わせが悪い状態を放置すると、特定の歯への負担が増大して、歯の寿命が縮まる恐れがあります。さらに、歯ブラシがすみずみまで届かないため、歯垢や歯石が溜まりがちになり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

矯正治療は、子供から大人まで誰でも受けていただけますので、歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。

歯科矯正治療の効果・意義

矯正治療で歯並びを整えることで、食べ物を噛みやすくなるため、子供の顎の発育を促せます。反対に、よく噛めない場合は顎の発育が遅れて、永久歯が生えるスペースを確保できないことで、永久歯の歯並びまで悪くなります。

また、発音が悪くなることによるコミュニケーションへの影響にも注意が必要です。例えば、下の歯が前に出ている受け口の状態ではサ行が発音しづらくなり、上の歯が前に出ている出っ歯の状態では、タ行が発音しづらくなります。

そのほか、顎の関節や肩周りの筋肉に負担がかかり、顎関節症や肩こり、全身の倦怠感などが起こるケースも少なくありません。矯正治療で歯並びを整えることで、発音や咀嚼、全身の不調などのトラブルを解消できる可能性があります。

つじむら歯科医院の矯正治療の特徴

当院では、基本的に矯正治療において抜歯は行っておりません。第一小臼歯を抜歯してスペースを作り、歯がきれいに並ぶように治療することが一般的です。しかし、第一小臼歯はお口の機能に深く関わるため、抜歯することは好ましくありません。

そのため、当院では抜歯しなくても歯並びを整えられる矯正治療を提供しております。

マルチブラケット(MEAW)矯正

当院では、オーストリア咬合学における噛み合わせの概念を取り入れた「マルチループ矯正(Multiloop Edgewise Arch Wire)」を行っております。従来の矯正装置に使用するワイヤーの約3倍のワイヤーがついており、弱い力をかけて歯を動かすことが特徴です。

従来の矯正装置では、歯を最初に横に動かしてから上下に動かす必要がありましたが、マルチループワイヤーは上下左右を同時に動かせるため、治療期間を大幅に短縮できます。また、歯を抜歯する必要もないため、患者さまへの負担が大きく軽減されます。

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)は、歯の裏側に矯正装置を取り付けて歯を動かす矯正治療です。一般的な矯正方法である表側矯正は、外側から矯正装置が見えるため、周囲の人に矯正治療を受けていることを知られたくない方には向きません。

裏側矯正であれば、周りの人に矯正治療を受けていることを知られる心配が少ないでしょう。当院では、2Dリンガルシステムを使用しております。従来の矯正装置と比べて薄くて小さいため、話しにくさや違和感がほとんどありません。

また、ワイヤーとの摩擦が少ないセルフライゲーションブラケットのため、歯を早く動かせます。このようにメリットが多い治療法ですが、重度の歯列不正には適用できません。

前歯の部分矯正

前歯は、口を開けて笑ったときに見えるため、歯並びが気になる方が少なくありません。矯正治療は、一部の歯だけにも適用できます。全体的な矯正と比べて短い期間で歯を理想的な位置へ動かせます。

インビザライン(マウスピース矯正)

マウスピース矯正は、透明のマウスピースを装着して歯に弱い力をかけて動かす矯正治療です。すべての症例を適用できるわけではないため、マウスピース矯正が可能かどうか事前に確認する必要があります。

当院では、インビザラインによる3Dデジタル矯正治療を行っております。3Dスキャナーによる光学印象採得、歯科用CTによる3次元映像診断、3Dシミュレーションによる治療計画の作成などで、患者さまに適した治療をご提案いたします。

当院のマウスピース矯正の特徴は次のとおりです。

治療経験と実績が豊富

当院は、マウスピース矯正の実績が豊富なため、精度が高い診断や治療計画の作成が可能です。
マウスピース矯正の適用可否から治療期間の想定まで、的確に対応しております。

3Dスキャナーによる高精度な印象採得

当院では、3Dスキャナー「iTero エレメント 5D」で印象採得しております。
シリコンで歯型をとる場合、口の中に異物を入れられることによる吐き気や不快感などが問題になります。
インビザラインの印象才徳は、一切の不快感もなく、歯型の取り直しが必要になることもありません。

あらゆる症例に適用できる

インビザラインは、部分矯正から全体矯正まで、あらゆる症例に適用できます。
ただし、他にも矯正治療はありますので、どの治療法が患者さまに最適か慎重に検討いたします。

丁寧でわかりやすい説明

患者さまのご希望に沿った治療を行うために、理想的な歯並びや治療期間、費用に関するご要望をお尋ねいたします。
話しやすさを重視したい、できるだけ安く矯正したいなど、患者さまのご希望はさまざまです。
当院では、複数の矯正治療のメリットとデメリットを詳しくお伝えして、一緒に最適な治療法を選ぶことを心がけております。

できる限り抜かない矯正治療

歯を大きく動かしたい場合は、抜歯が必要になる可能性があります。当院では、綿密な治療計画の立案や複数の治療法の採用など、あらゆる方法で「できるだけ抜かない治療」の実現に努めております。

ただし、歯を抜く矯正と抜かない矯正には、それぞれメリットとデメリットがあるため、どちらが適しているか慎重な判断が必要です。

幅広い診療に対応

診療室当院は、矯正治療前や矯正治療中の虫歯や歯周病の治療、歯のクリーニング、親知らずの抜歯など、あらゆる症状に対応できます。
そのため、矯正治療後のメンテナンスや後戻り防止にも対応しています。

口元の美しさをトータル的に取り戻す診療

カウンセリングルーム当院は、歯ぎしりですり減った歯や歯の黄ばみなどをあらゆる方法で改善しております。美しい口元を取り戻すには、審美性を損ねる全てのトラブルに対処しなければなりません。そこで当院では、矯正治療だけではなく、セラミック治療やホワイトニング、削る量を最小限に抑えるMI治療など、美しい口元をサポートする審美治療を行っております。

一番上に戻る
TEL 0463-95-8214 LINEチャット相談 お問い合わせ 資料請求
トータルヘルスプログラム インビザライン
0463-95-8214 お問い合わせ LINEチャット相談