歯周病治療

THP(トータルヘルスプログラム)
~北欧式予防管理型根本的歯周治療システム~

 

歯周病とは

日本人の中高年の約8割以上が罹患しているといわれている歯周病はかつて「歯槽膿漏」と呼ばれていました。
「歯垢や歯石がたくさんついている」「口の中がネバネバする」「口臭がある」「歯と歯の間に物が挟まる」「歯ぐきが赤く腫れている」「歯がグラグラする」 「歯を磨いたら血が出る」「歯がしみる」「かたいものが噛めない」このような症状は歯周病のサインです。

このように歯周病は歯ぐきのトラブルであり、最後には歯を失ってしまう病気、つまりお口の中に限られた病気と考えられてきました。
しかし1980年代以降、歯周病の直接の原因は口の中の歯周病菌ですが、それに全身的疾患や環境因子(喫煙・不規則な食生活・過度のストレス・偏った食生活・歯磨きを怠ること・歯ぎしりのクセなど)が大きく関与している事が解明されてきました。

歯周病と全身疾患について

さらに歯周病菌は歯の周りの組織だけでなく、心臓病や動脈硬化、肺炎などの全身疾患の発症や低体重児出産の原因となったり、糖尿病を悪化させたりすることが明らかになってきました。
例えば循環器系の疾患の場合、歯周病菌が歯ぐきを介して血管の中に入りこみ、心臓の周りにある血管の壁にとりついて動脈が硬くなったり、狭くなったりすることで動脈硬化が生じることがあります。
その結果、血液の流れが少なくなり、最悪の場合、血管が詰まり、破裂する狭心症や心筋梗塞などを引き起こすことが分かっています。
また糖尿病と歯周病菌の関係は互いに病気を悪化させる要因になっていることが解明されてきました。
そのため歯周病治療を行うと血糖値が改善したり、反対に血糖値が上がると歯周病が悪化するという相関関係にあるのです。
歯ぐきの炎症で生じるサイトカインという物質が関与しているためと考えられています。
妊娠をしている際はこのサイトカインが子宮収縮を促すため、低体重出産と関連があるといわれています。
日本人の死因の第4位の肺炎は現在も多くの高齢者の命を奪っています。
この重篤な肺炎の原因は誤嚥(誤って飲み込む)で歯周病菌を気管に吸いこむ事で、発症するケースがほとんどであることが分かっています。
そのため、誤嚥性肺炎のリスクを下げるためにも口腔ケアや歯周病の治療をすることの重要性が再認識されるようになりました。
これらの例にあげたように歯周病は口の中の病気ではなく、全身に関わる怖い病気です。

保険診療における歯周病治療

では一般的にはどのように歯周病が治療されているのでしょうか。保険診療での歯周病の治療は、急発時には抗生剤の処方などを行ないますが、歯の表面から歯石を取り除いたり、歯周ポケットの中にある歯根の表面の清掃がメインです。
さらに歯周病が進行すると歯肉を切開して、歯根を露出させる手術(フラップ)によって奥に入り込んだ歯垢や歯石の除去を行ないます。

治療の流れとしては以下のようになります。

最初に歯周ポケットの検査 → 歯茎の上の歯石を2回に分けて取り除く → 2回目の歯周ポケット検査 → 深い箇所については歯周ポケット内の処置(SRP) → 3回目の歯周ポケットの検査 → まだ深さが残っている箇所があればフラップをして縫合 → 少し期間を置いてから4回目の歯周ポケットの検査 → 継続管理複雑で通院回数が多く、治療期間が長くなることがおわかりいただけるかと思います。

そして侵襲性の少ない処置で対処できるに越したことはないのですが、歯周病が進行するに当たり、実際にはかなりの割合でフラップを行います。
フラップをおこなうと直接目で見ながら処置できるので術者は簡単ですし、歯石の取り残しもありません。
しかし、もともとあった歯茎を開いて縫い合わせるため、歯肉が退縮し歯の根が露出することがあります。
その結果隣の歯との間に大きな隙間ができてしまうことがあります。
さらに手術ですので処置による痛みや恐怖が伴います。
歯科医院が行きたくないところになってしまうのは痛みや恐怖が大きく関係しています。
この治療で歯周病がしっかりと治れば良いのですが、保険診療という枠の中でできることが限られてしまうため歯周病はなかなか完治しない、治らない病気と言われるようになりました。
この技術的な問題を解決し、より侵襲性が少なく、より高い効果を得られる歯周病治療を求めてつじむら歯科医院が取り組んできた成果がTHP(トータルヘルスプログラム)です。

Total Health Program 開発経緯

先進国の中において、むし歯・歯周病の発症抑制がコントロール出来ていない私たちの日本において、歯科疾患罹患率は非常に高く、成人の8割以上の国民が発症していることがテレビ放映からも知られています。  

また近年の研究により歯周病は高血圧・糖尿病・心疾患・脳血管疾患・早産・認知症・バージャー氏病など成人疾患をはじめとする、全身疾患の起因因子、憎悪因子であることも解明され、歯科疾患の根本的解決が急務となりました。
細菌による感染症である、むし歯と歯周病が日本において解消されていない理由は、実は単純で、感染症の原因であるむし歯、歯周病の原因菌の質的コントロールが医療現場で行われず、痛みをとること、失われた歯質、歯を補うことだけが治療として行われているからなのです。  

予防先進国として有名な北欧諸国では1980年ごろから、徹底したP M T C(歯科衛生士による専用機器を用いた細部にわたるクリーニング)を何世代も継続することにより、国民全体の口腔内細菌に対し30年を超え良質な状態へと変えていくことに成功し、むし歯は稀な疾患へと変わり、歯周病は制御できる疾患となりました。
ただ治療主体の日本における保険診療システムでは40年経過しても、むし歯の洪水、歯周病の蔓延を食い止めることができずに現在に至ります。  

歯科医院に来院される多くの初診の患者さんが、『私は昔からむし歯ができやすいのです』『私は歯肉が腫れやすく歯が浮く感じが良くあるんです』と言われます。
むし歯になりやすい、歯肉炎・歯周炎になりやすいと言われる人は生涯むし歯や歯周病の治療を繰り返しながら、歯を失い続けなければならないのでしょうか?
それらは老化現象という言葉に置き換えられていませんか?  

人生60年の時代であれば、まぁ生涯自身の残存する歯で噛みごこちを、味わいながら食事が楽しめるかも知れません、しかし今や人生100年時代、老化現象として全ての歯の喪失を済ませていてはいけません。  

ではこの老化現象と人識されている原因ですが、むし歯、歯肉炎、歯周炎共に私たち個々に異なる、人間の口腔内で生息している細菌叢(微生物の集団)によるものなのです、歯磨きをしなくてもむし歯、歯周病にならない細菌叢B毎食後、就寝前、完食後毎回しっかり歯磨きを頑張っているのにむし歯、歯周病に侵される細菌叢C、口腔内の管理状況に応じてどちらにも傾く細菌叢A、という感じで、もちろん実際はむし歯、歯周病それぞれに原因細菌は異なるため、簡単ではありませんが、P C R(Polymerase Chain Reaction)検査により大まかにこの様な3つのクラスター(傾向の似通った細菌叢)に分けることができるのです。(※2018tdc cohort study)  

勘の良い方はお気づきになられたと思いますが、敵が誰かわかるということは、このクラスターにアプローチをかけ、健康とされる細菌叢へ導くことができれば、一般的に解釈されている老化現象は阻止することができるということにつながります。  

細菌叢を変えるなんて、もちろん通常は固有の細菌叢は変えにくいのですが、この疾患の根本にアプローチできるのがトータルヘルスプログラム:THP(以下THP)となります。
THPは2007年4月より、神奈川県伊勢原市つじむら歯科医院を本部としてスタートし、年々施術可能施設が全国に広がり、2020年5月現在、日本国内55施設、海外3施設で行われています。
THPでは、歯肉辺縁から露出している全ての歯面と、露出していない全ての根面から口腔内細菌叢(マイクロバイオーム)の健康層の獲得を目的とし病原性バイオフィルムを取り除く施術を短期間の間に実施します。

T H P内においては特徴的な幾つかのツールが存在します。
  1. 活動性の高い細菌群をコントロールするために使用される微酸性電解水(T H Pウォーター)は厚生労働省から唯一認可を取得しており、消炎効果、バイオフィルムの分解能、細胞膜破壊能を有しております。また毎回、THPウォーター使用に合わせて、T H Pウォーターの殺菌効果を発揮している役目を終えた余剰な活性酸素を取り除き、組織の治癒を促進するために抗酸化水にて中和作用を行います。これは細胞の老化への対策にも繋がっています。
  2. アメリカスタンフォード大学でD N Aの複製においてノーベル化学賞を授賞されたアーサーコンバーグ博士の教室で研究が行われていたポリリン酸の技術をスタンフォード大学の博士研究員であった柴肇一博士が分割ポリリン酸を開発し、T H Pでは中鎖分割ポリリン酸をさらに研究を進め、組織再生誘導機能を高め口腔内細菌叢の健康層の獲得に合わせ組織のリモデリング(組織回復)を可能としました。
  3. カスタムトレーを用いて使用される、生体成分である3D Sペーストは山口大学農学部のタンパク質ハイブリッド技術を応用し精製され、抗菌・抗ウイルス作用、抗炎症作用、止血作用があります。
  4. 近年プロバイオティクス(乳酸菌)の服用が体に良く、医療分野においてもロイテリ菌が用いられる様になりました。しかし菌を補給し活動させることを目的として使用されるプロバイオティクスは菌と生態との相性が存在するため、合う人合わない人、効果のある人効果のない人が生じてしまいます。THPでは次世代のプロバイオティクスとして注目を浴びながらも16菌種の同時培養が困難で実現されていなかった『バイオジェニクス:トータルヘルスサポート』を完成させリリースしました、このバイオジェニクスとは乳酸菌の代謝産物となり、菌を摂取した時と比較し早期に効果を得られること、菌が合う合わないという心配がなく、個人個人として不足している菌が補充される様に増殖し、200種類を超える栄養素の摂取効果を得ることが可能となりました。
    これは、長期口腔内細菌叢の安定に大きく貢献されます。

など、THPは今までにない現在科学の粋を結集して構成されています。

THP(トータルヘルスプログラム)とは

THP(トータルヘルスプログラム)はつじむら歯科医院で2007年4月に根本的な歯周病治療を目指してスタートしました。
目に見える歯垢や歯石ではなく、その大元としての口腔内細菌叢に着目したアプローチ方法として発展し、現在では全国で施術されるようになりました。
この治療プログラムの確立には施術をおこなう歯科衛生士の正確な技術力と使用する機器や薬剤、技法などの選別、開発が必要でした。

 

治療の基本として活性酸素を応用することにより施術時の歯原性菌血症を抑制しながら、短期間に全顎の歯面・歯周組織・舌・口腔粘膜からバイオフィルムをはじめとする歯垢、歯石を取り除きます。
さらにリゾチーム・キトサンによる3DSにより菌叢に変化が与えられ、また同時に中・長鎖分割ポリリン酸を使用することにより歯周組織のリモデリングを促がします。

このように多角的なアプローチを患者様の状態に合わせて短期間で集中的におこなうことでむし歯・歯周病が発症しにくい、健康な細菌叢へと導きます。

 

 

フジテレビに取り上げていただきました

フジテレビ(2012年6月26日)に取り上げていただきました。画像はこちら。

【全国に広がるトータルヘルスプログラム(THP)】

今までつじむら歯科医院の中で研究、実践されてきたトータルヘルスプログラム(THP)が、歯科医院の垣根を越えて全国に広がっています。クオリティーを保つために長期間のカリキュラムを修了された歯科衛生士のみが施術を行います。
トータルヘルスプログラム(THP)をお受けいただける全国の歯科医院一覧につきましては下記のホームページをご参照ください。

リンク http://thp-network.com/

一番上に戻る
TEL 0463-95-8214 LINEチャット相談 THP専用相談 初診専用WEB予約
トータルヘルスプログラム インビザライン
0463-95-8214 初診専用WEB予約 LINEチャット相談