ブログ

2021.06.27

妊娠中はなぜ歯周病にかかりやすいの?

 

 

 

 

 

 

 

つじむら歯科です。
本日は妊娠性歯肉炎についてお話ししていきます。

 

妊娠をすると様々な体調の変化が起こりますが、その中でも注意したいのが歯周病です。

「妊娠性歯肉炎」という妊婦さん特有の病気があるほど、妊娠と歯周病の繋がりが強いのです。

妊婦さんが歯周病にかかりやすくなる原因はいくつかありますが、本日は3つご紹介します。

 

『ホルモンバランスの変化』
妊娠すると、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が多くなります。
この女性ホルモンは歯周病菌の好物のため、歯周組織のトラブルを起こしやすくなるのです。

 

『つわりなどによる食生活の変化』
つわりなどの影響で、一度にたくさん食べることができず、こまめに食べることが多くなります。
そうすると、細菌が繁殖しやすくなり歯周病リスクも高まります。

 

『つわりなどによる口腔ケアの不足』
つわりによって、ハブラシをお口に入れるだけで気持ち悪くなってしまい、ついつい歯磨きをおろそかにしてしまいます。
そのため、お口の中の衛生状態が悪くなってしまいます。

 

こういったことが原因で口腔環境が悪化して、歯周病や虫歯のリスクが高まるのです。

さらに、治療を受けずに放置していると、お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性がありますので、小さな歯ぐきの腫れでも、放置せずに治療を受けるようにしましょう。

 

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

伊勢原市にある歯医者
『 つじむら歯科医院 』
住所:神奈川県伊勢原市小稲葉2204−1
TEL:0463-95-8214

一番上に戻る
TEL 0463-95-8214 LINEチャット相談 お問い合わせ 資料請求
トータルヘルスプログラム インビザライン
0463-95-8214 お問い合わせ LINEチャット相談