全体口腔検査

予防歯科・総合的な健康サポートのための全体口腔検査(サリバテスト)

つじむら歯科医院では、虫歯と歯周病のリスクを徹底的に把握したうえで、「トラブルが再発しない口腔環境作り」を目指しております。虫歯と歯周病の原因となる細菌は異なるため、それぞれの数を把握したうえで対処する必要があります。より多くの歯を残すことに力を入れておりますので、虫歯や歯周病を繰り返している方はご相談ください。

各種検査について

当院では、虫歯や歯周病の状況を的確に把握するために、次の検査を行っております。

位相差顕微鏡検査

虫歯菌や歯周病菌の有無や運動性を確認します。検査に必要なものは唾液のみですので、痛みを感じる心配はありません。

歯周組織精密検査

歯周病が進行すると、歯周ポケット(歯と歯茎の溝)が深くなるため、歯周ポケットの深さから歯周病の進行度を確認できます。
当院では、一見歯周病になっていない歯にも歯周組織精密検査を行い、歯周ポケットの深さや出血の有無、歯の揺れの有無などを確認いたします。

当院では、検査に伴う健康部位への菌の感染や血管内への菌の侵入を防ぐために、THPウォーターによるコントロールを徹底しておりますのでご安心ください。

レントゲン

虫歯の進行状態や顎の骨の状態を確認するために、お口全体をレントゲン撮影しております。
また、被ばく量が非常に少ないデジタルレントゲンを使用しておりますので、ご安心ください。

CAT21(短時間う蝕活動性試験)

虫歯菌の活動性を調べて、虫歯リスクを確認するための検査です。
当日に結果がわかるため、通院回数が増えてしまうことはありません。

だ液検査

虫歯のリスクは、虫歯菌の数と抵抗力、食事や生活の習慣で決まります。
だ液検査は、だ液の中和力や虫歯菌の数などを調べ、虫歯リスクを確認する検査です。
検査結果に基づき、患者さまそれぞれに適した効果的な予防策をご提案いたします。

口臭検査(オーラルクロマ)

お口の中の硫化水素とメチルメルカプタン、ジメチルサルファイドの濃度を測定します。
硫化水素は舌苔、メチルメルカプタンは歯周ポケット、ジメチルサルファイドは消化器官に関連するガスのため、それぞれのリスクを確認できます。

プラークチェック

磨き残しによる歯垢(プラーク)を調べる検査です。磨けていないところがわかるため、歯磨きのクセの修正に役立ちます。

口腔内写真

治療前後の状態を比較できるように、お口の中の写真を撮影します。
また、ご自身では確認できない角度からお口の状態をチェックできるため、予防意識が身につきます。

このように、さまざまな検査を用いて患者さまの健康をトータルサポートいたします。

 

以上の検査の結果を踏まえて、総合的にあなたの健康のサポートをつじむら歯科医院は行って参ります。
なおトータルヘルスプログラムをお受けの方にはより詳しい検査結果の資料をお渡しします。

一番上に戻る
TEL 0463-95-8214 LINEチャット相談 お問い合わせ 資料請求
トータルヘルスプログラム インビザライン
0463-95-8214 お問い合わせ LINEチャット相談