審美歯科・オールセラミック治療・グラディア

審美歯科

かぶせもの(クラウン)

深いむし歯の治療後、歯の形を修復し、噛み合わせを回復させる為にかぶせものを行います。形や色、質感、強度、身体への優しさやお口全体との調和など、ご自身にぴったりのものをお選びいただきます。

ハートフルクラウン

金属を使わないメタルフリーのため、金属アレルギーの心配がありません。生体親和性が高く、適合性に優れています。内面はジルコニア(人工ダイヤモンド)・表面は陶材(セラミック)の2層構造でできています。色に透明感があり、ほとんど変色しないので審美性の高い仕上がりが長期間期待できます。

ブライトクラウン

表面は陶材(セラミック)の2層構造でできています。陶材の部分に透明感があり、天然歯に近いできあがりです。内面の金属は2種類の中から選択できます。グレードⅠは内側に生体親和性の高いといわれるPGA(白金加金)を使用しています。適合性が良く、また歯茎にでる黒ずみも出にくく、明るい色味で仕上がります。グレードⅡは複数の材質合金を内面に使用します。陶材と金属の組み合わせのため、充分な強度があります。

ピュアクラウン

金属を使わないメタルフリーのため、金属アレルギーの心配がありません。CAD/CAMという技術を用いてお口の中をカメラで撮影することで型取り・作製ができます。そしてそのデータからブロックを削り出すことで作られているのでその再現性が「ハートフルクラウン」に比べ劣ります。


※全て税抜き表示
■セラミック修復
ハートフルクラウン 240,000円
ブライトクラウン グレードⅠ 180,000円
ブライトクラウン グレードⅡ 145,000円
■ハイブリッドセラミック修復
ソフトクラウン 95,000円

ソフトコア

かぶせもの治療を行う際、その前段階として支台(コア)を作ります。つじむら歯科医院でおすすめしている支台はソフトコアと言います。ソフトコアはグラスファイバー(ガラスの繊維)を軸として専用樹脂でできています。

ソフトコアの特徴

  • 歯にやさしい

    ソフトコアは歯に近い弾性を持っているので歯より硬い素材の金属製のメタルコア(人の歯の硬さの約6倍)と比べ歯根破折(歯の方が支えきれずに折れてしまうこと)のリスクを減少します。

  • 光透過性がある

    メタルコアは光を透過しませんがソフトコアは光の透過性が高いのでオールセラミックスクラウンをかぶせた時に自然で透明感のある歯を再現することができます。

  • 体に優しいメタルフリー(金属未使用)

    金属コアは何年も経つと歯や歯肉を黒く変色させるリスクがあります。ソフトコアはそのような歯肉の変色がありません。ファイバーコアは金属を使用しないので金属アレルギーの方にも最適です。

ソフトコア

■ソフトコア 1本 33,000円
※精密根管治療(エンドドンティクス)をお受け頂いたところにつきましては 16,000円(税抜き)で作成致します。

グラディア

欠損部位・形態修正・審美修復など、今まででは大きく削り、型をとり、完成までは仮の詰め物で過ごし、調整をしてからセメントでくっつけるという、あたり前の歯科治療が大きく変わります。

つじむら歯科医院では素材はセラミックの美しさとプラスチックの付形性をあわせもつハイブリッドセラミックス『グラディア』という治療法を導入しております。

治療にかかる日数は大幅に軽減され、1日で施術が終わります。最も有効でおすすめなのは、銀色の詰め物をグラディアにすることです。グラディアはご自身の歯の色に合わせることができるため、自然な仕上がりです。普通のプラスチックと異なり充分な強度を持つためどの様な部位にも使用可能です。

グラディアの特徴

  • 天然歯を最小限にしか削らない
    グラディアはむし歯になっている所だけを削るため、金属の詰め物を作る時よりもご自身の歯を削る量が少なくて済みます。「できるだけ削らない」治療法です。
    長持ちする
  • 金属の詰めものを行うと金属と歯の間に境目ができます。この境目付近は再度むし歯になる(2次カリエス)可能性が高いと言われています。グラディアは素材の特性上、金属を使用した時のような境目はできません。そのため2次カリエスの発生リスクが低くなり、結果として長持ちします。
    自然な仕上がり
  • グラディアは十数種類もの色があり、それらを層にして行くことで、ご自身の歯に合わせた自然な仕上がりを実現することが可能です。

価格

グラディアの価格は補う部分の大きさ(面数)で異なります。

※全て税抜き表示
グラディア 1面 30,000円
グラディア 2面 40,000円
グラディア 3面 50,000円

∧ PAGE TOP